• ホーム
  • グループ紹介
  • サポート料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • 無料相談
お問い合わせ

クラウド会計導入・運用サポート

クラウド会計とは?

ここ数年の間で、「freee」「MF(マネーフォワード)クラウド会計」「弥生会計オンライン」等のクラウド会計が注目されています。

これまで、パソコンにインストールした会計ソフトを起動し、請求書等をもとに作成した仕訳データを、ハードディスク上に保存して帳簿を作成する等が一般的でした。

一方、クラウド会計では、従来パソコン上で行っていた会計処理をインターネットのクラウド上で処理・データ保管することにより、場所・端末(PC/ タブレット/ スマホ等)を選ばず、いつでも同じ情報にアクセスできる会計ソフトです。

したがって、いつでも・どこでもリアルタイムな経営数値を確認することが可能です。

さらに、事業主(企業)様が会計データ入力を行い、会計事務所(税理士)が正しく入力がされているかどうか、リアルタイムで情報共有ができ、事業主(企業)様・会計事務所(税理士)の双方にとってメリットがあります。

 

クラウド会計を導入すべきか?

多くの会計事務所(税理士)は、事務所に導入している会計システムの使用料として、年間数十万~数百万程度支払っているため、事務所に導入している会計システムのソフトを基本的にはお客様に推奨します。

そのため、事業主(企業)様は会計事務所が推奨した会計ソフトを使用しているケースが大半です。

ところが最近では、事業主(企業)様が使用したいソフトを活用するというケースも増えてきており、この場合は多くが「freee」「MF(マネーフォワード)クラウド会計」「弥生会計オンライン」等の”クラウド会計”の活用です。

特に、

●AirレジやSquare等の最新アプリとの連動性に優れている
●場所・端末を選ばずリアルタイムで経営数値を把握可能(複数人同時アクセス可能)

等のメリットがあることから、当社にも実際にクラウド会計についてお問い合わせをいただく機会が増えており、クラウド会計の導入をオススメしています。

当然ながら「依頼している会計事務所が推奨している会計ソフトを使用して会計処理を行うことが悪い」という話ではありません。

会計事務所の処理都合を優先させることが、結果的にスムーズな会計処理に繋がるため、特別ご要望が無い方に関しては、推奨している会計ソフトを使用するという選択がよろしいかもしれません。

さらに、入力の手間すら省きたいという方に関しては、帳簿作成から代行依頼するという選択肢もあります。

>>「記帳代行サポート」はコチラ

 

クラウド会計のメリット

●AirレジやSquare等の最新アプリとの連動性に優れている
●場所・端末を選ばずリアルタイムで経営数値を把握可能(複数人同時アクセス可能)
●銀行口座・クレジットカードのデータを自動取込が可能(入力の手間を大幅に削減)
●Macでも利用可能(一般的な会計ソフトはWindows対応)
●アップデートが不要であり、常に最新の法規制に対応可能
●クラウドサーバーにバックアップがあり、データ消失リスクが低い

 

クラウド会計導入サポート料金

クラウド会計導入サポート

100,000円/回

 

クラウド会計導入・運用に関する無料相談実施中!!

当社は、
freee認定アドバイザー 
MFクラウド公認パートナー 

弥生正規会員(PAP)
の認定を受けており、freee・MF(マネーフォワード)クラウド会計の導入・運用サポートを積極的に実施しています。

クラウド会計導入・運用に関する無料相談を実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

>>「無料相談」をご希望の方はコチラ

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89%e5%9e%8b%e7%b5%8c%e7%90%86%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

>>「新しい!“クラウド型経理代行”」の詳細はコチラ


PAGE TOP